×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭を考える:口臭というのは字の通り口の臭いです。

口臭というのは字の通り口の臭いと書くのでもちろん歯にも関係してきます。歯に虫歯ができていてすぐに治療して治せば問題ないのですが、そのままほっておくと虫歯が原因で口臭がしてきます。あとは歯みがきですね。口臭の原因は様々ですが、半数は歯みがきがしっかりできていない、セルフケアができていない為に口臭がするといったケースが多いです。歯みがきしているのにどうして?と思う人もいると思いますが、プラーク(汚れ)がきちんと落ちていないのです。歯の表面はきれいでも歯と歯の間や歯と歯茎の隙間などには残っている場合が多いです。それが積み重なっていくと口臭が発生してきます。口臭予防としてまずはブラッシング指導を受けることをオススメします。ブラッシング方法というのは歯ブラシを歯に垂直に90度に当てて磨くスクラビング方法と歯ブラシを歯に45度にあててみがくバス法というのがある。これは基本的な磨き方です。スクラビング法というのは主に歯の表面を磨きます。ほとんどの人はこの磨き方だと思います。

口臭の原因を突き止める

みなさんは口臭はどのくらい気になりますか?例えば話した相手が口臭がした場合、後で自分はどうなのかなと気になったりしませんか?口臭がするのは意外に自分では気付かないことが多いです。ですが「口臭がしている」と本人に言うのはとても難しいですし辛い部分がありますよね。口臭の原因には口腔内ケアがしっかりできていない場合に起こる口臭と体調が悪くて起こる口臭と生理的に起こる口臭と食事による(ニンニクなどを食べたときなど)口臭とがある。口臭の原因はどれにしても口臭チェックをこまめにすることをオススメします。口臭チェックは最近では自分でもできる。もちろん、自分息を「ハァ〜」と吐いて吸って確認もできますが、口臭チェッカーでもできる。最近では自分でする用の口臭チェッカーが販売されています。器械の大きさもそれほど大きくなくてカバンやポーチに入る大きさです。

口臭の原因の対策に歯ブラシの使い方

バス法というのは歯ブラシを歯と歯茎の境目に当てて小刻みに動かして磨く方法です。これが隙間の汚れを落としてくれてまた歯茎のマッサージにもなり歯茎が引き締まります。最後に糸楊枝(フロス)で歯と歯の間の汚れを落とせば十分口臭予防になると思います。
「口が臭い」=口臭というのはとても気になりますね。友人同士でも気になるのですが、何と言っても恋人同士は口臭というのはもっと気になるのではないでしょうか。恋人同士で旅行へ行き彼氏さんが朝の口臭が気になって眠れず朝も彼女より早く起きては磨きを2回もしているという話を聞いたのですが、皆さんはどうでしょうか。朝起きた時というのは確かに口臭がします。ですがこれはみんなに起こる生理的口臭なんです。夜はどうしても口が乾いてしまい唾液の分泌量が減ってしまいます。そうなると口の中で細菌が繁殖してしまい口臭の原因となり「口が臭い」ということになるのです。みんながそうなるのでそこまで気にする必要はないんではないかと思います。それに朝急いで起きて歯磨きを何回もするよりも夜寝る前の歯磨きを念入りにしっかりしておいたほうが良いと思います。

Copyright © 2008 口臭の原因、あなたの悩みは解消できます。